放すいろ・こーせんJPの看板を飾った

2008/04/07更新(第9p版)

私のサイトの表紙を飾ったあの猫この猫

初代看板猫

元々の総合TOPページには何も写真がなかったので、正月を目前として臨時で付けたのがこの写真を加工した写真です。
ちなみに、この写真を馬に見立てて「午年」ですって、やってたんですよ。

それが、正月を過ぎて、これでは何なので元写真に変更して、それがうちのサイトの看板となったのでした。

ちなみに、この猫はJR和歌山駅前にいた猫で、偶然通りがかって警戒しているのをやり合って撮影したものです。

ちなみに、この猫、子供連れだったんです。
だからちょっと顔がこわばっているのだと思います。

2代目看板猫


この猫は、うちの近くの猫。
じーっと、ひなたぼっこをしているので、撮りました。
近寄っても逃げたりしなかったので、近所で飼っている猫だと思うのですが、、、

3代目看板猫

名古屋市内、某有名喫茶店の猫。
と言っても、飼っているわけではなさそうで、居着いた猫のようです。
何か、おいしいものが出てくるのを気長に待っている。
そんな感じです。

4代目看板猫

北勢線の一部で有名な猫駅の自転車置き場にいた猫。
この駅前は、誰か知らないけど「猫小屋」を置いてあってそこで暮らしています。
誰かえさをやっているようです。
でも、以前訪れたときに比べ、数が減っているし、メンツも違います。
なんか、こういう猫が生きていく上での厳しさをかいま見るようです。

5代目看板猫

なじみの猫スポットでの猫たち。
今のカメラ(Nikon D70s)にしてから、初めての猫写真。
デジタルなので枚数を気にせずにバシバシ89枚撮りました。

この写真は、撮ったときには失敗かなと思ったのですが、見たら偶然おもしろい写真になっていたので、これを採用しました。

なお、私は、今までの猫写真で、一度もおやつなど食べ物を使ったことがありません。(ただでさえ猫写真はトラブルのタネになりかねないので、食べ物をやった日には余計いいわけが効かなくなる。)


6代目看板猫


5代目と同じ、なじみのねこスポットでの写真。
見たとおりの野良なんですけど、気持ちよさそうに寝ています。

7代目看板猫

通りがかりの猫さん。
人なつこい子で、ポーズを付けてくれたので、気持ちよく撮影できました。


8代目看板猫

4代目と同じ、北勢線の某駅で撮影した猫さん。
また面子が変わっている、、、、
実はこの写真、暗くて1/30秒で撮影したので、ブレてます。(望遠を使ったのに、、、)
このサイズでは、わかりにくいのが幸いだったりする。
今回より掲載写真サイズを大型化しました。


9代目看板猫

時折書いた「北勢線の某駅」とは、上笠田駅のことでした。
その上笠田駅も2006年3月31日限りで廃駅になってしまいました。
この写真は、その上笠田駅最終日に写したもので、既に駅撤去用の資材が置かれています。
猫さんも今後どうなってしまうのでしょうか?




10代目看板猫

「離島には猫が多いに違いない」と言う思いこみで、愛知県内某離島まで行ってきたのですが、路地裏に行くと結構猫さんがいました。
旅館の人がご飯をくれるみたいで、それをひたすら待っているようでした。


11代目看板猫

ネットで、自動改札機の上に乗った猫の写真があって、どこだろうと思っていた矢先、首都圏の某駅にいるとの情報を得て、東京へ行ったついでに撮りました。

残念ながら、自動改札の上には乗ってくれませんでしたが、駅構内を自由気ままに歩き回り、駅の乗客、老若男女問わず可愛がられていました。


12代目看板猫

これは、名鉄線某駅のねこ。
勝手に駅の近辺に住み着いている様です。
残念ながら、今はいないようです。






(↑バナーを作りました。よければ持っていってください。PNG形式 200×40です。)

このサイトは、全頁リンクフリーです。なお、各URLは予告なく変更することがあります。

写真は、全頁とも、特記なきものはすべてわたし乗男が撮影した物です。写真の無断転載はご遠慮ください。

ここの内容を法で認められているケース以外で転載・複製する場合は事前にe-mailにてご一報ください。

その他、ご意見、ご希望のある方も、e-mailにてお願いいたします。

 
(c)乗男
どうしてぼくにはしっぽがないの?